ガイドヘルパーとは

訪問介護員であるホームヘルパーとの違い、ガイドヘルパーの仕事とは

障害者介護に関わる仕事を行う職業は非常に幅広く、様々な種類があります。特に有名なものでは介護福祉士、ホームヘルパー、福祉住環境コーディネーター、ケアマネージャーなどをはじめ、最近では医療事務や介護事務といった介護に関わる事務職も人気となっています。

そして近年ではこれらの他にも「ガイドヘルパー」と呼ばれる職業が注目されるようになりました。ヘルパーの一種であることは名称から窺えますが、ホームヘルパーなどの職業とはどのような違いがあるのでしょうか?

そしてこのガイドヘルパーとはどのような仕事を行う職業なのでしょうか?ここではガイドヘルパーについて詳しく見ていくことにしましょう。

まずホームヘルパーとの違いですが、ホームヘルパーは主に障害者の家などに訪問し、屋内で障害者の介護や支援を行う職業になりますが、ガイドヘルパーの場合は、障害者が外出をした際に社会的活動を行えるように介助を行うことが主な業務となっています。

ホームヘルパーは「訪問介護員」と呼ばれますが、ガイドヘルパーは「移動介護従事者」と呼ばれている点に、業務内容の違いがあることが分かるかと思います。

同じヘルパーという職業でも、ガイドヘルパーの場合は外出時の支援や介護を行うことになりますので、資格を取得するための研修でも実際に外に出て実践演習を行います。

ガイドヘルパーの資格はこの研修を受け、全課程を修了することで取得することができます。研修を受けるための条件は特に定められていないため、これまで介護に関わる仕事をしたことがない場合でも研修を受けることが可能となっています。

ただし、地域によっては介護福祉士などの資格を所有していなければ研修を受けられない場合もあるため、あらかじめ各地域の自治体に確認しておきましょう。

そしてこのようなことから、ガイドヘルパーの資格取得者の中には、既に介護関係の仕事に就いている介護福祉士やホームヘルパーなどが多く見られています。

介護福祉士やホームヘルパーの資格と併せてガイドヘルパーの資格を所有していると仕事の幅が広がるため、介護職についての技術や知識をより向上させていくことができます。

介護福祉士やホームヘルパー2級以上の資格を所有している場合は、ガイドヘルパーの研修が一部免除にもなるので、資格所有者の皆さんはガイドヘルパーの資格取得を目指してみると良いでしょう。

反対にガイドヘルパーの資格のみを所有している場合は、ホームヘルパーなどの資格を併せて取得していることで障害者の介護に関わる仕事ができる範囲が大きく広がります。

ガイドヘルパーを求めている障害者介護施設や介護に関わる企業などはもちろんありますが、ガイドヘルパーの資格を所有しているだけではなかなか就職が難しいこともあるため、ガイドヘルパーだけではなくホームヘルパーの資格取得を目指すなど、視野を広げてみることをオススメします。


このエントリーをはてなブックマークに追加